体に問題がある方・・・ED治療薬は病院で購入しましょう

 

勃起障害(ED)の症状を改善してくれるED治療薬は、1998年に登場して以来、数多くの男性の性生活をサポートし続けています。

 

 

 

 

ED治療薬第1号であるバイアグラは、特許期間が終了して日本でのジェネリック開発が認められていますし、レビトラシアリスといった第二、第三のED治療薬も日本の医療機関で処方を受けることができます。

 

 

さて、日本国内でED治療薬を入手するには、病院での処方を受ける必要があります。ED治療薬の主成分はもともと狭心症治療薬として開発されていたものであり、心臓や血圧に大きな影響を与えるため、医師の判断を仰がずに使用すると重篤な副作用を被る危険性があるのです。

 

 

しかし、必ずしも医師の処方を受けなければED治療薬を入手できないのかというと、そうではありません。

 

 

近年では、ED治療薬は個人輸入代行業者を通じれば処方箋がなくても入手できます。しかも、個人輸入を利用すればかなり安価なヨーロッパ製、アメリカ製、インド製などのジェネリックが入手できるため、多くの男性が個人輸入代行業者を活用してED治療薬を入手しています。

 

 

ただ、先述の通りED治療薬は副作用のある医薬品ですし、特に体に何らかの病気を持っている方が使い方を誤ると、生命に危険を及ぼす場合もあり大変危険です。

 

 

ED改善のために命を落としては元も子もありません。ですから心臓や血圧に問題がある人は、必ず病院でED治療薬を入手するようにしてくださいね。