若くても無関係ではない?ED(勃起不全)の種類とは

 

ED(勃起不全)には、様々な種類があるのをご存知ですか?
 

 

若い方だと「まだ自分には関係ない」と思ってしまいがちですが、そうではありません。

 

 

EDが多い年齢は40代〜50代ですが、近年では平均年齢も低下し、20代前半でもEDで悩む方が増えています。ちなみにヤフー知恵袋にはEDに関する悩み相談がありますが、その中では10代の高校生もいるほどです。

 

 

様々な要因が組み合わさることに寄って、年齢に関わらずEDを発症することはあるのです。

 

 

EDになる一番多い原因は心因性のものです

パートナーとの気持ちのズレや、緊張のし過ぎ、子作りに対するプレッシャーなどの直接的な原因のほか、セックスとは一見関係なさそうな仕事のストレスが影響することもあります。

 

また、これらの経験が「次も上手くいかないかもしれない」と思わせることで、症状が続いてしまうことが多いです。

 

精神的にリラックスするための薬の服用によって改善する場合があるため、根性や気合でなんとかしようとせず、医師に頼るのが一番の改善する方法です。

 

気持ちの問題では解決できないのが身体的な原因です

高血圧や糖尿病、うつ病、男性ホルモンの低下、外傷による下半身のマヒなどで、勃起そのものができなくなってしまいます。

 

この場合、病気そのものの治療ももちろん必要ですが、並行して陰茎に直接作用し症状を改善してくれるED専用の治療薬も存在します。

 

諦めずに、まずは専門の医師に相談してみるのが、ED改善の第一歩と言えそうです。