若いのに?なぜ?突然EDになってしまった彼氏の話

 

今はもう就職し結婚もしましたが、私がまだ二十歳を超えたばかりのころ、付き合っていた彼氏がEDでした。

 

その時彼は大学生で、幼いころからスポーツをしていたこともあり、かなりがっちりとした体つきでした。彼と付き合い始めてすぐ、肉体関係に及んだ際、彼が言いにくそうにこう言いました。

 

「ごめん、萎えてしまった。」

 

私はその言葉にかなりショックを受けました。

 

 

 

勃起障害(ED)という言葉は存じ上げておりましたが、まさか彼がとは思ってもみませんでした。それに、なんとなく、EDと言えば、言い方は悪いですが、お年を召された方だったり、線の細いひょろっとした方がなるものだ、と思っていました。

 

性交渉のまっただ中でそのような告白をされたものですから、私はどうしていいか分からずに、なんとか彼の勃起を手助けしようと頑張りましたが、どれもうまくいきませんでした。

 

結局それ以来、彼とはうまくいかなくなり、すぐに別れてしまいました。

 

彼はとてもいい人でしたので、別れた時友人から何故なのかよく聞かれましたが、まさか勃起障害が原因とは言えませんでした。もちろん、理由もなく勃起障害になってしまった彼が一番つらい思いをしたと思いますが、パートナーとして何も支えることのできなかった自分がとても悔しかったことを覚えています。

 

しかし、この経験からEDとは年齢や体系を問わず誰にでも起こりうる病気なのだと実感しました。

 

もし、女性の方で、パートナーが勃起障害になってしまったのなら、自分を責めずに、冷静に専門医の診察を受けるべきだと思います。EDは男性だけでなく、女性も一緒になって考えてあげることが必要ですね。