ED原因と予防について

 

30代、40代、50代・・・と年を取ってくると、EDに悩まされる男性が増えてきます。しかし最近では、年齢とは関係なく若い人でもEDを発症してしまう方も沢山いらっしゃいます。

 

 

そもそも何故、世の男性はEDになってしまうのでしょう。

 

 

その原因は、精神的なストレスと血流が正常に流れないことの大きく分かれて二つあります。

 

 

精神的ストレスの場合、日常生活の中で起こるちょっとしたストレスでも蓄積すると発症する可能性があります。結婚したのは良いが奥さんとの関係が上手くいかなかったり、経済的に苦しくてギクシャクしてしまったりしてしまうその事が原因で、折角結婚したのにEDを発症してしまう人は意外と多いのかもしれませんね。

 

 

ストレスの他にも栄養が偏る食事、過労、睡眠不足などの日頃の生活習慣もEDを引き起こす原因になります。ストレスが原因で起こる場合は、クヨクヨ悩まずに生活習慣を改めて適度な運動をしたり趣味をしてストレスを溜めない様生活改善して楽しく生活してみるのが良いですね。

 

 

次に血流の障害による原因です。

 

 

加齢に伴い糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかってしまう人が増えてきますが、それが原因で陰茎海綿体が広がらなくなり勃起不全になってしまう事もあります。

 

 

結果的にどちらの原因にも言えるのは、生活習慣を見直し改善することでEDは予防できるという事です。日頃から運動をし規則正しい生活を心掛けましょう。