EDの種類・タイプ

 

EDとは、性行為をするための勃起力を得られないことや、持続して勃起することができない状態のことをいい、なんと日本では約500万人の男性がEDで悩んでいると言われています。

 

ここではEDの種類やタイプをご紹介しますので、 EDで悩んでいる人はまず自分がどのEDの種類か、どのタイプなのか検証してみましょう。

 

ちなみに私は、混合型EDでした。

 

 

精神的なストレス

精神的なストレスが原因でEDになってしまうことがありますが、これを心因性EDといいます。

 

日常生活・仕事・夫婦関係など様々な場面でストレスを溜め込んでしまい、性行為をしようとしても性的興奮がペニスにうまく伝わらないためEDになってしまう可能性があります。

 

また、性行為で失敗した過去がトラウマとして蘇り、同じ失敗をまたするのではないかという心配からストレスを抱え込んでしまいEDになってしまうこともあります。

 

 

 

加齢に伴う神経の障害

血管が硬くなってしまう症状の動脈硬化が原因でEDになってしまうこともありますが、これを器質性EDといいます。

 

動脈硬化になってしまうと血液の循環が悪くなってしまい、陰茎海綿体までしっかり血液が送られないためEDになる原因になってしまいます。

 

生活習慣病と言われている糖尿病・高血圧・高脂血症を患わっている人は、動脈硬化になっていることが多いためEDになりやすいと言われています。過度の飲酒やタバコを吸う人も動脈硬化になりやすいことからEDになりやすいです。

 

 

 

@とAの両方が原因で引き起こすED

 

加齢に伴う神経の障害や動脈硬化の進行+精神的なストレスが原因で引き起こしてしまうEDを混合型EDといいます。

 

例えば、糖尿病になってしまい日常生活や食事に気をつかうことでストレスを溜め込んでしまいEDを引き起こすケースもあります。
この混合型EDが1番なりやすいEDの原因とも言われています。