EDになる原因となるケース5パターンとは!?

 

EDになる原因は様々なケースがあります。

 

年齢を重ねる事でEDになりやすいと言われていますが、今では20代・30代の男性もEDになって悩みを抱えている男性もいらっしゃいます。

 

ここではEDになる原因をご紹介していきたいと思います。

 

ケース1   高血圧が原因で引き起こすED

 

心臓や血管の病気がEDになる原因と言われています。そもそも血液の循環がちゃんとされていれば勃起してくれますが、血液の循環が悪いと勃起するために必要な血液が送られてこないためEDを引き起こしてしまう原因となります。

 

なので、動脈硬化を引き起こす病気を患わってしまうとEDになりやすくなってしまいます。特に高血圧の人は、血管が常に圧迫されてしまい血管を傷つけてしまうので動脈硬化を引き起こしてしまい、 EDにつながりやすくなってしまいます。

 

中高年で高血圧の人、 10分の1の確率でEDになった結果が報告されています。

 

 

ケース2  糖尿病

 

糖尿病を患わっている人がEDになる原因は多いです。中には糖尿病になってしまったことが原因でEDになってしまったと1人で悩みを抱え込んでしまい

 

精神的なストレスが原因でEDになってしまうケースもあります。

 

糖尿病になってしまうと、神経の働きが鈍くなってしまい興奮状態にあっても陰茎まで脳の指令が届かなくなってしまい勃起することができなくなってしまいます。動脈硬化にもなりやすいので海綿体まで血液をしっかり送ることができなくなってしまいEDになってしまいます。

 

 

ケース3  タバコと過度の飲酒

 

タバコを吸う人は、タバコを吸わない人よりもEDになる確率が高いと言われています。

 

タバコを吸うことで動脈硬化にもなりやすいのも原因の1つですが、海綿体に送る血液も少なくなってしまうため勃起した時の硬さが十分ではなくなることもあります。

 

過度の飲酒をしてしまうとアルコールによって肝機能がしてしまい、男性ホルモンも減少してしまい性欲が低下してしまうこともあります。少量のアルコールでしたら性的興奮が得られやすいので、健康のためにも過度な飲酒は避けましょう。

 

 

ケース4  トラウマ

 

若い人たちがEDになる原因で最も多いのは、性行為の失敗がトラウマになってしまい、また同じ失敗をしてしまうんじゃないかという不安がストレスになってしまいEDになる原因とも言われています。

 

初めての性行為が遅い人もEDになりやすい傾向があります。

 

 

ケース5  性格

 

性格によってEDになりやすい人もいます。

 

例えば、 1度の失敗を引きずってしまい悩み込んでしまう人・ 責任感が強すぎて悩みを抱え込んでしまう人・うまくストレス解消することができず疲れと悩みを抱え込んでしまう人がEDになりやすいタイプです。

 

 

このように様々なケースがEDを引き起こしてしまう原因になっています。加齢に伴う性欲衰退は仕方がない部分もありますが、生活習慣の見直しをすることで、多少なりともEDを防ぐこともできますので生活習慣の見直しをオススメします。