薬指のツボ「三焦経」でED治療しました

 

僕がEDになったのは大学生ぐらいのときです。それは当時付き合っていた彼女とデートしている最中に発覚してしまったのです。

 

女性と一緒にいろいろなことを経験する過程で男性器は大きく膨らむなどと友人からアドバイスを受けていたものの、私の理想通りの結果は訪れなかったのです。この現実にショックを受けたのは私だけではなく、彼女もだったということが大きなショックでした。

 

その日を境に破局してしまい、私は引きこもり気味になってしまい、そのうち大学にも通わなくなりました。

 

 

三焦経

ニートで働いていないから病院に行けないですし、EDの悩みはあっても何をしたらいいのかもわからない・・・あまりのショックが原因で、自分で刺激してもたたないくらいにEDは悪化していきました。そんなときあるサイトで見つけたのが、薬指のツボ「三焦経」でED治療ができるとのことでした。

 

 

三焦経を刺激することで男性ホルモンを促進する効果があり、自律神経を整える効果があるのです。

 

 

この方法では必要なのは、つまようじドライヤーです。

 

やり方

・左手の薬指の爪の付け根から3mmのところに三焦経というツボがあります。(※三焦経は左手の薬指にしかありません。右手にはないので間違えないように。)

 

・左手の薬指を右手の人さし指で押して離してを10回ほど繰り返します。次に、つまようじの先で三焦経を刺激します。

 

・最後はドライヤーを使います。薬指から20センチほどの距離からドライヤーを当てて三焦経を温めます。

 

 

入浴後か就寝前がおすすめです

三焦経のツボを押したりつまようじの先で突くのは、はじめは少し痛いかもしれませんですが、そこは我慢です。(慣れてくると痛気持ちよくなります)最後にドライヤーを当てることで体全体の血流が良くなるはずです。僕はこの方法で、たった一週間でEDが改善できたのでぜひ参考にしてみてください。